He's nuts about you!  ちえの絵日記  No Art No Life


by nature-lives
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

難波の予備校

 私は今年の三月末から予備校という所に通いはじめた。勉強が遅れているので、とにかく勉強できる環境が欲しかった。模試は二回受けたけど、中々、難しく、思うように成果は出せませんでした。でも、予備校に通うことで、勉強の仕方や今まで知らなかった教育の側面などが、分かるようになりました。これが、予備校に行って本当に良かった、身に付いたな、と思う事。自分で勉強ができる環境を作るのは、強い意志と努力が必要で、それは今まで弱い自分にとって不可能でした。周りに必死に勉強している人がいるのは凄く刺激になるし、自分に危機感を持つ。 でも、今、やらなければならない事を本気で取り組まないとしたら、これからも、今、目の前にあることを一生、取り組まないんだろうなと思う。そう思うようになると、最近の「座右の銘」というか、「自戒の訓」は「Time is the most precios thing in above all.」だったり、「Time is money」だったり。前者の方があらゆるものとの比較においてなので、どちらかというと、現在の気持ち的には前者に近かったりする。

 通っている予備校は難波にあるので、行き帰りの人の多さが尋常で無い時がある。
難波校は、道頓堀と心斎橋に近いので人の多さは土日は異常だ。
30分〜40分くらい電車に揺られて通っているので、座席に座れなかったら
ずっと直立の時もある。(←これは、元気な日は大丈夫だけど疲れている日は結構辛い)
電車の中では、「行き」は何故か疲れがたまっているせいもあり
参考書を読んでいると寝てしまう時もある。(読んでたらいつの間にかのパターン)
帰りは大概、過去問をするか、参考書を読むかしているけど
何しろ満員電車なので、難波を出発して20分位は人の波の中で
勇気を出して、ひたすら本をかじる。

 今日は難波を出てすぐに教育答申資料の「レジメ」(先生が作成した概要)を読み
今の今まで「COSの一部改訂」と「教員免許更新制の在り方」に「特別支援教育」「人権教育」「不登校」などに関する答申資料の重要箇所をアンダーラインを引きまくった。
読むだけで疲れたけど、先生に貰った「レジメ」には、あといくつか読まないといけない
答申が示唆されていて、これは今日のお昼の宿題にまわした。

書き始めたらメモっぽくなって来たので、そろそろパンキョーと言われた
あの辺りに取り組もうと思う。

ここまでお付き合いありがとう。

今日の課題は「自己研鑽」です。
[PR]
by nature-lives | 2007-06-25 01:51 | 日記