He's nuts about you!  ちえの絵日記  No Art No Life


by nature-lives
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

奈良

e0021276_1231362.jpg


興福寺 南円堂

e0021276_1245233.jpg


興福寺 境内の鹿

e0021276_1323992.jpg


東金堂
[PR]
by nature-lives | 2007-11-27 01:32 | around the world

奈良

e0021276_1724187.jpg

今日は奈良に行って来ましたよ☆

友人がカフェに作品を展示しているので、それを見に&会いに行って来ましたよ☆

せっかくなので、興福寺の八部衆と秘佛を拝んで、シャガールもミテキマシタヨ☆

そして、なんと『落語』を初めてみました!

偶然にも、今日の奈良は落語のフェスティバル。
立見席でしたが二階席からだったので充分見れました!桂南光さんと桂吉の丞さんの落語です!定番の小噺とか、ホント面白かった!

書いてみたら随分、変な取り合わせですねー(;^_^)
ま、いいか。
ぶらり旅みたいなものだし。
e0021276_17262177.jpg
しかも
友人の個展会場からの帰り道。
偶然にも、知り合いに遭遇してしまいました。驚
世間は狭いものです…


世間て言うか…

日本は狭いものです。
(`・ω・´)

e0021276_17283752.jpg
まぁ、そんな感じで
帰りの電車は偶然にも急行、あるいは準急に乗れなかったんですが

意外にも時間的には各駅停車でもそんなにかかんなくて
奈良をぐっと近く感じました(=゜∀゜=)ノ☆

各駅停車の方が座れるしラッキーみたいな。笑


e0021276_1729444.jpg


しかし
朝6時起きで奈良に行くのも珍しいかな
しかも芸術鑑賞で。

どんだけ奈良に行きたかったん自分…
紅葉があるウチに
もう一度行っておきたいです!


何というか…
興福寺がホントに大好きです。
唐招提寺も大好きです…。

何故かなって色々考えたんですが…
感性に響くからなんだなぁと。
心が求めてるんだなぁと。
まったく科学的で論理的な根拠ではないですが、
自分の好みというのは寺社仏閣にも現われるものなんです。



今日は秋の三連休の最終日。
友人とも言ってたのですが晴れていてお天気に恵まれました。
そして今日の奈良は落語のフェスティバル。
観光にも恵まれました。
偶然なのか
それとも
必然なのか

そんな秋の一日でした。
[PR]
by nature-lives | 2007-11-25 17:22 | 日記
11月の中旬にみた「ベルト・モリゾ展」と「フェルメールとその時代展」の鑑賞記録をつらつら書こうと思います。

e0021276_2011358.gif

ベルト・モリゾ展

会期 2007年9月15日(土)〜11月25日(日)
会場 損保ジャパン東郷青児美術館/東京都新宿区

e0021276_2013543.gif今や印象派の代表作家となりつつある女性画家、ベルト・モリゾの大々的な回顧展です。作品は、ベルト・モリゾが若い頃から印象派の最盛期、そして彼女が晩年に描いた絵、また印象派ゆかりの作家、モリゾをモデルにして描かれた絵など、モリゾの生涯とそのまわりがよく分かる展覧会でした。
 通常、こういう展覧会は人物の紹介やその生涯の話から展覧会が始まるのですが、この展覧会は彼女が学生だった頃のアカデミーの様式の説明から入っている展覧会だっただけに、もの凄く印象深い展覧会になっていました。私にとって、の話ですが。フランスのアカデミーでの学習内容というのは専門的に学ばないと分からないものという想いがあるだけに、知りたい内容を直に勉強できたのは大きな収穫でした。
e0021276_2020267.gif
 印象派にかかわって描かれた作品は、大まかなタッチの作品でキャンバスが見える面積が多くて、みている人達も「未完にみえるなー」とつぶやいてしまうほどの大胆な塗り方でした。でも、彼女の中ではこれが完成なんだろうなーと思いました。迷いがない線だったし。。。個人的には初期の頃の作品(マネの弟との結婚前後くらい)が、塗り方も丁寧で重厚感があって好きです。田園風景の中でたたずむ家族や、田舎の農村の風景の絵が感性に響くものがありました。どの作品も女性らしい、母性がある作風なんですよね。線がスピード感はあるもののどこか柔らかく、柔軟な感覚の持ち主で銅板やパステル、水彩なんかが特にそう、柔軟な線が母性的。。。絵からも彼女の清潔感のある人格が出てましたね。会った事ないけど。。。笑
 生涯を読むと、かなり恵まれた境遇で育ったようで、お姉さんとともに絵のレッスンを受けていたり、サロンに入選していたりと、当時で言えばかなり上等な教育を受けて育った方だったのだと思います。現代では女性作家は沢山いますが、当時は女性が個展を開くことなんて考えられなかった時代で、モリゾが晩年に開いた初個展の反響は凄かったのだと思います。その時のパンフレットも展示されていましたしね。貴重な資料をみることができたのも、とても勉強になりました。
 見終わって、感じたのは、やはり 「モリゾは印象派の一員なんだ!」 って事でした。百聞は一見にしかずです。みれば納得、みて歩き。




e0021276_20363312.jpg

フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展

会期 2007年9月26日(水)〜12月17日(月)
場所 国立新美術館/東京都港区六本木

日本初公開!
フェルメール!
牛乳を注ぐ女!

みてきましたよぉ〜。ばっちしみました!
感想は?

。 。 。

美しい!

の一言ですかね。
さすがに作品の大きさはモナリザよろしく小さめですが。
それにしても美しい。。。!
なんでしょうね、フェルメールの作品ってこれ一枚なんですよ。確か。この展覧会で展示されてる作品という意味で。(違ったらゴメン)なんつうか。。。この作品のまわりに皆集まってみてたんですけどね。やっと会えたって感じでですね。。。(^_^;)静かに、そして美しくそこに咲いている花って感じなんですよ。。。フェルメールの絵って。
以前にもどこかの展覧会でみたんですけど、むむ、もう覚えてないという記憶力の悪さ。。。今回は、まじまじと記憶に焼き付ける思いでみたんですが、覚えてるのって「みた」ってことと、そこから「学んだ事」なんですよね。何故か。作品の細部のイメージとかじゃなくて。経験した事と学習した事を覚えててるんです。そんなもんです。。。私の鑑賞は。。。今回、フェルメールの絵をみて、大学時代に絵画の授業で勉強した事が甦ってきたんですよね。「三原色のモチーフ」っていう授業。で、フェルメールの絵をよくよくみていたら、女性の黄色い服と、青いベールと、赤いスカート。正に三原色の組み合わせ。しかも、フェルメールときたら、その組み合わせが何ともにくいというか、色彩のみせかた、絵の具の乗せ方が美しすぎるんですよね。テレビでも言ってましたが、ラピスラズリの青がキラキラしてるんですよ!びっくりするくらい。。。もー、凄すぎます。凄い!凄い!凄い!って言っても言い足りない位、本当に凄い!どーなってんのコレ!?と思わずにはいられない、凄い作品です。この「凄い」という形容詞は便利で使いすぎると信憑性がなくなる気がするんですが、他に言葉が思い浮かばないのですよ。「凄い」と「美しい」以外にね。
 フェルメール以外にも16〜18世紀?頃までのオランダ絵画の風俗画がたくさんみれましたよ!この展覧会では飽きる程、当時の作品をたくさんみる事ができます。それくらい、作品の量が半端なく多いって事を言いたいのですが。。。
 銅版画も充実してましたし、風俗画からは寓意、教訓などが暗示されるモチーフと構図が意味深でして、当時の考え方なんかも分かるような展覧会でした。私はイアホンで解説を聞きながらみたのですが、聞いて良かったです、この展覧会は特に。
e0021276_20592037.jpgオランダという国自体が外国であって、日本の文化とは異なってますし、考え方にしても当時の独特な風俗感が滲み出ていました。モチーフや人物の行動なんかですよね。そういう考え方がよく表れている部分は。。。
 今回の展覧会の作品では、「キアロスクーロ」(メインの登場人物にスポットライトを浴びせるような描き方)の技法がよく用いられていました。レンブラントもよくその技法を使っていますよね。風俗画の油絵で沢山みられました。フェルメールの「牛乳を注ぐ女」に関しては、全体的に光があたるように描かれていましたが、それでも明暗の差が強調されているところもありました。バロックの影響なのか。。。風俗画で酔っぱらっている人の絵とか、人が賭け事に興じている絵とか、そういう絵も当時の様子がよく分かりました。
 今度、フェルメールの絵に会える時はどんな作品なのか。。。とても楽しみです。


という事で、次回は。。。愛知県の豊田市美術館で開催中の「篠原有司男と榎忠 展」と、すでに終わりましたが「ロートレック展」についてツラツラ書こうと思います。
[PR]
by nature-lives | 2007-11-21 21:12 | 鑑賞の記録

11月のARTみて歩き

ここ半年間、予備校と勤務先と自宅にいる時間に集中していたため、
全くもって「アートみて歩き」ができずにいました。。。
でも今月に入ってからは、なるべく美術館やギャラリーに行こうと決意して
トコトコとみてきたことをツラツラと書こうと思います。

まずは、11月初旬に見てきたものから。

e0021276_1413162.jpg

神戸ビエンナーレ
会期  2007年10月06日〜11月25日
場所  神戸市三ノ宮

神戸ポートタワーのふもとで開催されていて
私が行った日は途中から雨が降り始めて傘が必携でしたね。
会場はトラックのコンテナの中に作品を展示していて
50ブース以上あるのかないのか、数える暇なく作品をみました。
コンテナを二つ組み合わせて接地面の壁をはずして
広く場所を作っているのもありました。
知っている作家はなかった気がします。。。
見た事ある作家の作品はありましたが。
地元の作家さんの作品も飾っていたり
海外からの招待作品、映像からインスタレーションから
生け花、陶芸、立体、油絵、日本画。。。沢山あったからなのか
好きな作風も何点かありました。
現代美術を垣間みたい人にオススメです。


e0021276_1412463.jpg

狩野永徳 展
会期  2007年10月16日〜11月18日
場所  京都国立博物館
私が行ったのは確か金曜日の正午頃。。。
午前中から混雑していたのか、私は90分並んでやっと会場に入れましたよ。
もの凄く人が並んでたわりには、中に入ってからは見たい作品がちゃんと見れたので
並んで待たせているだけありましたね。
感想は

じーん。。。
感動。。。

です。
e0021276_14163118.jpg特に唐獅子図のある最後の部屋。永徳の晩年の大作が並んでたんですが、左の松をみて、唐獅子図をみてると、目頭が熱くなってきました。唐獅子図は屏風なんですが資料集なんかに載っているのは長方形のカタチで、実際屏風の展示では折ってあるので見かけは殆ど正方形なんですね。ぱしっと正方形のように見えるので凄く力強い。その中に描かれているものだから、作品がより力強く見えた訳です。デフォルメされた獅子のカタチがまた何とも素晴らしかったです。岩絵の具でさらっと描かれていて、金箔が丁寧に貼られていて、凄いの一言しか出ません。。。
 ちなみに洛中洛外図屏風の前の人だかりは地獄絵図でしたね。全く動かない所と押し合いへし合いしているところ。この世の地獄か!?と思う程のぎゅうぎゅう満員電車。京都風の奥さんが「この作品が一番面白いからね〜」と言って地獄絵図を納得してました。
 今回、何が印象的だったかというと、永徳の晩年の作品や若い頃のかき出しの作品もそうなのですが、狩野派の仕事ぶりがみれて一族の画風や家系を勉強できたのが大きく残りました。日美で再学習せな!と思う程。狩野派のこんな大きな展覧会は滅多にみる事が出来ないので、本当に行って良かった展覧会!ですね。


次回、「ARTみて歩き」は
東京都で開催された『ベルト・モリゾ展』と『フェルメール展』についてツラツラ書きます。。。
[PR]
by nature-lives | 2007-11-19 14:30 | 鑑賞の記録

神戸元町  〜南京町〜

e0021276_13472030.jpg

この間の休みの日に、神戸へ行ってきました!
週末はやたらと出掛けてますが、計画して目的を持って出掛けると
お出かけが充実しますね。
無計画でも何か発見する事はあるけれど
やっぱり計画を練って行動すると、予定に体がついていきます。

昨日は大安だったので、都教◎庁へ書類を送りました。
良きご縁のある職場に結ばれますように。。。
来週は都庁へ行きます。
都庁から召集令状という名の説明会に呼ばれたので
観光も兼ねて一泊二日で行く事にしました。
出席しなくても手続き関係の書類は頂けるそうなのですが
口頭での説明も聞いた方がいいだろうし、講演もあるみたい?なので。

美術館も今は秋の季節にぴったりな展覧会もやっていそうな気もします。
それとこの時期は友人も個展をする時期なのか
個展ラッシュだな〜と感じさせられますね。


[PR]
by nature-lives | 2007-11-07 13:56 | around the world

Every aesthetic life.

都教◎庁へ送る書類が完成したので、やたらテンションが高くなっています。
ぃやはゃ。。。書類が出来上がるって気持ちがいいです。


e0021276_21543576.jpg

出発の日の朝。家を出てすぐ見た空。
朝焼けが目に飛び込んで来ました。


今日の予定は、まずは学会。
勉強であまり学会に行く時間を割けなかったので、久しぶりに訪れる研究発表会は少し楽しみでもあり、聴講側というのもあり気楽に行きました。
目指すは兵庫・三ノ宮。
5時起き、6時半出発。
到着は8時過ぎ。
学会の開始時刻は9時。

今日が最終日だったけど、色んな人に会えました!!!

8時半頃、学会のあるビルの階に着き、沢山ソファーが並んでいる所でくつろいでいたら…
福◎教育大学大学院生と思しき、女学生たちが数名わらわらと。。。
今日は発表者のようなので、レジメのチェックしてました。
質疑応答の練習とか。
耳に入って来るので、聞いてしまいましたが、何か。。。オモロい。。。
質疑応答て。。。

9時前にもなるとスーツの先生でいっぱい。
その中に。。。
大阪教育大でお世話になった、M田先生のお姿が。
気付いて挨拶したら、先生が来て下さったので
すかさず、進路報告。
そしたら、背後にS藤先生がいらっしゃって、またまた進路報告。
先生、顔から星が出るくらい
「良かったね〜〜〜☆」
と、喜んで下さったので、私も素直に嬉しかったです!
色々と学生時にお世話になったし、研究の事を親身にアドバイスを下さって
そんな先生方に報告できて、本当に良かったです。
結局、今はまだ実ってないけど、「自分の研究です」って誇りを持って言えるように、
先生から頂いたご指導を思い出して、成果を出せるように、
もっと頑張らんといかんのやなぁ、、、と、しみじみ思いましたよ。
学会って、学術的なことを今一度、思い出させてくれますね。
もう一度、原点に帰ったつもりで、再チャレンジしていきますよ。ほほほ。

その後、信大でお世話になった先生方や先輩、後輩に続々と再会!
彫刻研とデザ研のメンバーと立ち話できるなんて、想像の域を越えてましたね。
恐るべし。学会。
e0021276_2218109.jpg

そんな恐るべし、学会の一場面。
これは、友人のN島氏と一緒に聴講した研究発表なんですが、内容が高度でもあるんですけどアメリカと日本の美術教育の比較研究がなされていて、とても興味深かったです。メインは美術教育における資質と能力についてなんですけどね。写真はアメリカの教科書です。アメリカの美術教育は理論を定着できるように工夫されていて、教科書の資料や解説が日本よりも質も量も多かったです。凄いな〜。
あんな研究。こんな研究。
後輩の発表も聞けたので、学会に親近感が湧きました。

「神戸ビエンナーレ」
[PR]
by nature-lives | 2007-11-05 23:03 | 日記

Everyday,my art life.

週末の土日と今日。

この3日間は私にとって「アートな毎日」でした。

まずは土曜日。
友人けろりかわ さんの住む兵庫県へ行き、
シャッター等に絵を描く屋外制作を手伝いに行ってきました!

完成は出来なかったけれど、時間は有意義に使いました!
限られた時間の中で自分たちの仕事をしっかりできたと思います。

夜は、大学時代の恩師に会い元町で中華料理を頂きました。
お洒落な中華レストランで杏仁豆腐が美味しかったです♪



そして日曜日。
後輩のいる大阪教育大学の文化祭である「神霜祭」に行き、
茶道部の開催しているお茶会へ顔を出しに行きました!

その後、近鉄に乗り込み近鉄大阪線「長瀬駅」に集合し、教採友達と共に
近畿大学の文化祭、「生駒祭」で遊んできました!

同じ日に二校の文化祭に行ったなんて、人生初ですよ。疲れたよ。
でも、めっちゃ楽しくて、友達と爆笑したり、駅で向かいのホームから激写したり
バカやったりしたけど、本当に楽しかった〜!

夜は友人と「おでんの居酒屋さん」で会食!
何かこの時が皆、一番ホッとして生き生きとしゃべってたな!
おでんもお料理もお酒も、GOODなお店。
行けるものならまた行ってみたい居酒屋です。
近鉄大阪線 長瀬駅から徒歩10分ほど。
近畿大学の大学前通りにあるおでん酒庵「すぎ乃」というお店です。
大学からだと歩いて3分〜5分。かなり近所です。

いや〜!
大阪教育大では抹茶と和菓子、科学や地学、美術部の展示をみたり
近畿大学では文芸や美術部の活動をみたり、薬草研究会の健康茶を頂いたり
屋台を廻ったり、何か若返ったぞ〜。

さらに、今日。。。学会へ行って来た〜!!!
続きは新しい記事で☆


e0021276_21292295.jpg

11月3日(土) 兵庫県西脇市での屋外制作のお手伝い
e0021276_21301385.jpg

11月3日(土)兵庫県加古川市からの夕日の眺め☆
e0021276_21325488.jpg

11月4日(土)近畿大学 大学祭からの帰り道
[PR]
by nature-lives | 2007-11-05 21:33 | 日記

文化祭

e0021276_12383842.jpg

今日は二つの文化祭をはしごします!
一つ目は大阪教育大学の神霜祭。
部活の後輩に会ってきました。
二つ目は近畿大学の生駒祭。
近畿大学の友人に連れていってもらいます。

午後の近大で、ゆっくりしてきます。



秋だ~☆(`_ゝ´)フォォォー!


写真は駅の表札をゲキシャ
[PR]
by nature-lives | 2007-11-04 12:38 | 日記

コスモス祭り

e0021276_11234459.jpg
e0021276_11242098.jpg



兵庫県で開催していたコスモス祭りへ行ってきました。お友達の屋外制作を手伝ったり、コスモス畑で写真を撮ったり。。。秋晴れと秋雨の両方を経験して、その気温差にビックリでした。風邪をひき易い季節なんだなってことを、改めて思いました(^^;)



大学の方は今、文化祭シーズンですね〜!!!

後輩たちも大学祭にいそしんでます。
母校も、大阪で知り合った友人の大学も、どこもかしこも
大学祭。。。! 青春ですね〜。大学祭って屋台や、展示、ステージなどが沢山あって、若いエネルギーが蔓延してますよね。
いやースゴい。
何だかんだで、毎年2校くらいは大学祭に行っている気がしますが。。。
お祭り野郎ではない。。。ですよ〜


そろそろ、断水工事が終わるので台所を使えます!(喜)
今日は京都に行こうと思ったのですが、色々やることもあるので延期。
計画しても、実行に向けて努力しないと達成できないものだという事を
ひしひしと感じる秋なのでした。

[PR]
by nature-lives | 2007-11-02 11:32 | 写真