He's nuts about you!  ちえの絵日記  No Art No Life


by nature-lives
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

個展「水の色」開催中

e0021276_22543518.jpg


Chie Miyake solo exhibition 'Color of water'

個展 「水の色」

会期 平成22年8月30日(月)〜9月4日(土)
時間 11:00-19:00 最終日は17:00まで

場所 茶屋町画廊(大阪 梅田)


////////////////////////////


初めての個展が遂に始まりました。
初日からお越しの皆様、本当にありがとうございます。
感謝、感激の嵐。
色んな励ましのお言葉を聞いて、また制作意欲がわいてきます!

オープニングパーティは、大阪教育大学関係の友人が集まってくれて
本当に嬉しかったよ〜!
みんな、ありがとう!
私は幸せ者です(笑)
そして、Kさんを紹介できて良かった。。。ほっ。
Kさん、いつもありがとう〜!

画質は満足いってませんが写真を一部、掲載します。
ご覧下さい。


e0021276_22544778.jpg


画廊の玄関口です。
蒼い絵は、「巣立ち」というタイトルの渡り鳥を描いたもの。

e0021276_23115442.jpg





e0021276_22542449.jpg

入って右の壁。
蝶々と桜の絵「BloomingFlower」は、六本木の国立新美術館での公募展で飾られた絵です。
その下は水墨画です。


e0021276_22542274.jpg

作品タイトル「睡蓮」
銅版画 三版多色刷り

e0021276_22541611.jpg

作品タイトル
右 Mt.Rabbit Party [HANA Version]
左 You Know
ともに、P60号。左の絵、「You Know」は今年の2月、東京都教職員展で新人賞を頂いた絵です。
アクリルガッシュを使用。

e0021276_22541349.jpg

画廊の左壁面の展示です。

e0021276_22535780.jpg

今回の個展で一番大きな作品。
作品タイトル「如水」
S50号6連組み合わせの作品
日本画

しだれ桜と睡蓮です。
現実的に桜と睡蓮は同時に見れません。
絵画は現実の不可能を可能にするということがどこまで伝わるか分かりませんが
これからも絵を描き続けて、人の心に残る絵を描いて行きたいです。




e0021276_22543247.jpg

e0021276_22543081.jpg

干支


また、写真の整理が付き次第、掲載します。
ご高覧ください。
[PR]
by nature-lives | 2010-08-31 23:12 | 展覧会情報

e0021276_0184839.jpg


遂に作品を「集荷」する日が来てしまったよ。


大阪での個展だから、仕方が無い。

個展、オープニング・パーティ、、、★

遊びに来てね。

[PR]
by nature-lives | 2010-08-17 02:40 | 日記
昨日はやっと夏休み〜(^^)

意気揚々で美術館へ行ってきました★

まずは渋谷のMaryJaneでランチを頂き、銀座線、千代田線を乗り継いで
乃木坂駅へ。そこからは徒歩数分で国立新美術館へ。


凄かったですね。
何が凄いって、オルセー美術館展への長蛇の列!


何時間待ちという状況で、皆さん並んでいて
その横でマン・レイ展が開催中。。。
我々はマンレ・イ展の入り口へ。。。

私も先日、オルセーは観に行きましたが昨日ほどの並びではなかったので
やっぱり夏休みの時期という事もあってか
人出が多くなるのだな〜と実感しました。

だって、オルセーだし全国から人が鑑賞しにみえているわけだし。
来たからには並んででも見たい展覧会ですし。

展覧会を見て、人間の孤独とか、人との関わり方とか
色んなことを感じました。
金色の唇はマンの愛情だったのかなとか、
夫婦の絆なのかなとか
人の心が結ぶ世界をしみじみ感じたり。

写真家のイメージが強かったのは写真を生業としていたというのも
展覧会に行って初めて分かった事で、
日本人との交流やパリでの生活がなんとなく国際人の一面を見る事ができました。
長野県で見たメトロノームの作品がインパクトがありすぎて。。。
幅広く創作活動をする中で生まれる芸術の深みや崇高さ
それは作家独自の芸術ということなんだろうな。


六本木の道を、国立新美術館を後にしてw
炎天下を歩き21_21デザインサイトへ。
これも自分と認めざるをえない展へ観て来たというか
参加してきました。
参加型展覧会の極みでした。

帰りにGoldenSpoonのアイスを頂いて、珍しくバスで渋谷へ。。。。。
六本木の街並がシティハンターに出てくるような街に見えました。

私の心にも二階建てのバスが追い越して行きました。
[PR]
by nature-lives | 2010-08-12 18:34 | 鑑賞の記録

結婚式  [at Osaka ]

お友達が結婚しました★

結婚式が神式で、三三九度を拝見させてもらったり
花嫁さんの白無垢姿が凄く美しかったり。

お父さん、お母さんと歩いているところや、新婦と新郎が笑顔で話しているのを見ていると
もうただただ、涙が溢れてきました。
涙もろいなぁ。

友達も涙がきらり。

おめでとう。

おめでとう。

これからも末永くお幸せにね。
e0021276_9112136.jpg


e0021276_911182.jpg

2010.08.07.sat


[PR]
by nature-lives | 2010-08-10 09:17 | around the world

学校案内

今日は、有休の日でしたが、家で悶々としているのもどうかと思ったり
仕事に遅れを出す訳には行かないので
学校案内を自転車で近隣の中学校に持って行きました。

どちらも親切に対応していただいて、
暑い中、持って行った甲斐がありました。

自分がデザインした学校案内を渡すのは照れます。
しかも、今年も誤字があります(笑えない)
成長しているのだろうか。。。
[PR]
by nature-lives | 2010-08-04 23:26 | 日記
レポート作成のため、頑張って起きて書いています。
今まで参加したグループ展の総てを総決算的に明文化。
自分の思想を文章に表すのは気を遣うね。
10枚は書きます。何とかなるかな!



今、考えていること。。。

そう、人生に巡って来る「結婚」という二文字。

遂に、私にもその余波が来ました。

こんな時間に起きてまでレポートを書いている自分に
本当に家庭を上手くやりくりできるのでしょうか。

でもそこまで意思は弱くないので、自制コントロールは利くタイプだし
何とかなるさ精神で、現実的に何とかして来ました。
これからも勿論、何とかして行きます(笑)
出来る範囲で、ですけど。(当然)
まずは美術部を何とかしたいんですけど。



自分が「恋女房」となり、家庭を護り、
毎日毎日家事、洗濯、料理をして
家庭をどうやって築くのだろうか。
まともなゆとりもないと言うのに。
この先どんな事があるか分かりません。
でも、それは人生の登竜門なのだと思えば
人生への墓場もそう、苦しくはありません。
そして楽しく嬉しいことも沢山、待っているのだから!

何しろ、今週末は友人の結婚式。
結婚について考える時期が誰にでも来るから
結婚の選択肢を選んで結婚してゆく。
とにかく今週末は大阪へ行って二人の門出をお祝いをしてきます。
友達や周りの人達が矢継ぎ早に結婚してゆきます。
10月にも友達が結婚する。
私にもその番が回ってきた。
いや、夢で終わったらどうしよう。
真摯に受け止めたら、きっと希望も生まれる。
信じていれば道は開ける。
[PR]
by nature-lives | 2010-08-04 02:31 | 日記
e0021276_23241984.jpg


猛暑お見舞い申し上げます。

35度を超える毎日、いかがおすごしでしょうか。

暑い日は涼しい水を感じて下さい。

という事で、波間を渡る鳥の絵(のつもりがイラストタッチになった)を描きました。

日本はやっぱり水の国。

湿度も高い、降水量も多い。
水、雪、海、氷、色々な水そのものや状態を表す言葉が多い。

そんな日本の日本人なんだなぁと実感します。

それは国粋主義とは違う、日本の文化的な感覚です。

富士山、舞妓さん、流しそうめん、風鈴、うちわ、扇子、緑茶、抹茶、川遊び

花火、紙風船、お手玉、浴衣、浮世絵、染め物、蚊取り線香

・・・

日本の文化が造った物を、日本人が捨ててしまったら日本は日本でなくなってしまう。

日本の美しさは日本の自然と生活に根ざすもの。

やっぱり守っていかなくては。



☆図の解説

上の絵(図)は墨を使いました。小さな絵なのですが、リトグラフの原画。
個展で展示します。

是非、お出かけ下さい☆

会期 2010.08.31-09.04  
会場 茶屋町画廊(梅田)
[PR]
by nature-lives | 2010-08-03 23:35

革工芸講習会

e0021276_19362388.jpg


第一回  6月17日(木) コースター制作
第二回  7月16日(金)、20日(火) パスケース制作

先月、革工芸講習会を行いました。
パスケース作りは大変ながら皆さん、立派な作品に仕上がって
ほっとしました。
革は鞄や身の回りの品々に使えるので、作りようによっては
凄いものができそうです。

今後の展開は文化祭での革体験があるのでその時に。
七宝焼の体験コーナーも設けます。
[PR]
by nature-lives | 2010-08-01 19:40 | 美術教育